サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

iPhone


jobs2
jobs2


1: マスク剥ぎ(庭)@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 22:21:46.25 ID:fjcb+R/Z0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
「iOS 8」の普及率は72%--25%が今なお「iOS 7」

Appleが公開した最新の集計結果は、すべての「iOS」搭載デバイス(「iPhone」「iPad」)の25%で、
まだ同社製モバイルOSの旧バージョン「iOS 7」が使われていることを示している。

 「iOS 8」の普及率は、ここ2週間でわずかに3ポイントだけ上昇し、iPhoneとiPadを合わせると5億3000万台に相当する。

 しかし、その残り、iPhoneとiPadのうち1億8500万台ものデバイスで、旧バージョンのiOS 7が使われていることになる。
これらのオーナーは、アップグレードできないか、またはする気がない人たちだ。

 こうした集計結果を公開するわずか数日前、AppleはiOS 8ソフトウェアのマイナーアップデート「iOS 8.1.3」をリリースした。
同社によると、ソフトウェアアップデートの実行に必要なストレージ容量を低減したという。

 ストレージ容量の問題は、自分のデバイスをアップグレードしようとしていたが容量不足のためにできなかった多くのユーザーにとって、大きな不満の種だった。
容量を空けるにはデバイスから写真、動画、楽曲を削除しなければならなくなるため、多くの人がアップグレードを思いとどまった。
http://japan.cnet.com/news/service/35059910/

続きを読む


YVKcZkX


1: アルゼンチンバックブリーカー(庭)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 20:19:56.28 ID:F7UPILAJ0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
2007年に初代機が発表され、ご存知のように世界中で使われているiPhone。
当時はアップルが「携帯電話を発売する」という噂こそあれど、実際のところ社外の人にとっては全くわかっていませんでした。

そんな極秘中の極秘のプロジェクトにもかかわらず、なんとジョブズ氏自らが”アップル社外の、
誰もが知るアノ人”に発表前のiPhoneをチラ見せしていたことが8年経った今明らかになりました…!その相手とは一体誰だったのでしょうか?

オバマ「これはマジですごいことになる」

9to5macが報じたところによると、今は亡きスティーブ・ジョブズが初代iPhoneを発表する前、
当時はまだ大統領になる前のオバマ氏に、個人的な会食の場でiPhoneをチラ見せしていたんだとか!

これは、近々アメリカで発刊されるオバマ政権で大統領上級顧問を務める人物の書籍で明らかになったもの。
その時にオバマは「もし違法でなければアップルの株をたくさん買いたい。
これ(iPhone)は本当にすごいものになるだろう」と、初代iPhoneを絶賛していたようですよ。

またiPhone発表前のエピソードとしては、今から10年ほど前ソフトバンクの孫氏が、まだ携帯電話事業に参入する前にジョブズを訪れた時のものが有名。
産経新聞がその時の様子を報じており、ジョブズに孫氏が「iPod+携帯電話」のアイデアを見せ、ジョブズがそのアイデアを認めたそうです。

孫氏はその際ジョブズに「iPod+携帯電話」端末のの独占販売権を求めましたが、ジョブズに「まだ携帯キャリアすら持っていないじゃないか」
と言われてしまい、その言葉をきっかけに約束を守ってくれるなら…と携帯電話事業へ参入することを決断したとのことですよ。

実際iPhone発売後、数年間はソフトバンクが独占的にiPhoneを取り扱ってきたのは、こういったやり取りがあったからなのかもしれませんね。

初代リリースから8年経った今も出てくるiPhone伝説。まだまだ知られざるエピソードがありそうです。
http://www.appps.jp/149739/

続きを読む


141224niphone6smini


1: シューティングスタープレス(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/02/01(日) 20:47:35.12 ID:Uu9aw2QK0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
 韓国のサムスン電子と米アップルの業績が明暗を分けている。アップルにあって、サムスンにないものとは一体何なのか…。

 1月29日発表されたサムスンの2014年連結売上高は前年比約10%減の206兆2100億ウォン(約22兆3千億円)と9年ぶりの減収となり、
営業利益も約32%減の25兆300億ウォンと3年ぶりの減益となった。業績の低迷はスマホ事業の不振が要因だ。

 一方、アップルが同27日発表した14年10~12月期の連結業績は昨年9月に発売した新型アイフォーンの販売が好調で売上高、最終利益ともに過去最高だった。

 大手2強の差が鮮明となってきた理由について、電機系アナリストは「ブランド力の違いが大きい」と指摘する。

 昨年の新型アイフォーンの販売で、先行発売する日本のアップルストアに、転売目的の中国人が大挙して並んでいた。
それだけ中国人にとってもアイフォーンは価値が高いことを示している。サムスンの「ギャラクシー」の新モデルが発売されても大勢の中国人が並ぶことはない。

 アイフォーンには、創業者の故スティーブ・ジョブズ氏の狂気といえるまでの端末への思いやこだわりが込められており、そうしたものがブランドを
形成している。サムスンのギャラクシーも精錬されたデザインでクオリティーは高いが、「端末にスピリッツがないのがアイフォーンとの大きな違い」(同)と話す。

 アップルの強さは、端末だけではない。基本ソフト(OS)やアプリストアも垂直統合で展開しているのが、サムスンと大きな違いだ。
「アイフォーンで音楽や動画を楽しんでいる利用者がサムスンに乗り換えるメリットはない」(携帯電話会社の幹部)。

 サムスンはアップルと端末で勝負するしかなく、苦手とされるイノベーションを自ら起こさなければ、勝ち目がないのが実情だ。
そうした中、ギャラクシーと同じ機能で半額で作るシャオミなども現れ、かなり追い詰められている。

 下降線をたどるスマホ事業で、アップルにはあってサムスンにないものを追い求めるのか。

 それともスマホとは別のステージで勝負するのか。韓国のGDP(国内総生産)の約2割を占めるサムスンが大きな岐路に立たされているのは間違いなさそうだ。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150201/bsk1502010702001-n1.htm

続きを読む


P2620125_m


1: オリンピック予選スラム(大阪府)@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 11:23:52.34 ID:BHPjrEoW0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
AppleのiOS端末では最大128GBの本体容量しか使用できないので、音楽を保存しまくったり写真を撮りまくったりアプリをインストールしまくったりしていると、ストレージの空き容量はすぐに不足してしまいます。
そんな時に役立ちそうなのがサンディスクの「iXpand フラッシュドライブ」で、USB端子とLightning端子を搭載した外部ストレージなのでiPhoneに挿せば最大64GB分の容量を追加することが可能、
さらにはバッテリー内蔵型なので使用時にiPhoneやiPadなどのバッテリーを浪費することなくデータ再生や転送ができるようになっています。
そんなiXpand フラッシュドライブを発売前にサンディスクからお借りすることができたので、実際どんなものに仕上がっているのか使って確かめてみました。


http://gigazine.net/news/20150129-sandisk-ixpand-flash-drive/

続きを読む