サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

Google


346139


1: ドラゴンスクリュー(宮城県)@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 12:17:59.57 ID:bBxnhmmE0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
亡くなった人「再生」…人類に災禍を及ぼすと警鐘も ロボットの「性格」を簡単カスタマイズ、Googleが特許取得

人格データをクラウドからダウンロードしてロボットに吹き込むことによって、亡くなった親族や有名人の「性格」を
持つロボットが身近な存在になる-。米IT大手グーグルが、ロボットに特定の性格などを植え付けられるシステムの
米国特許を取得したことが4日、分かった。グーグルはさまざまな活用法を想定し、「実社会に多大な恩恵をもたらす
画期的システム」と自賛しているが、一部のメディアは、人間の能力を超える人工知能(AI)を備えたロボット
(コンピューター)の出現が人類に災禍を及ぼすとする「2045年問題」への第一歩だと警鐘を鳴らしている。

米メディアによると、特許は2012年4月に出願され、3月31日に登録された。性格の作成方法は明らかに
なっていないが、人間の意識の正体やメカニズムはまだ医学的にも解明されていないことから、動画や音声などの
データを解析して、パターン分類的に特徴を抽出する方法などが取られているとみられる。

■亡くなった人「再生」

人のさまざまな特徴に基づく性格情報がデータベースに蓄積され、ネットワークを通じて情報を処理するクラウド
技術を活用し、ロボットに性格データをダウンロードするというのが特許技術の基本的な仕組みだ。例えば、特定の
個人に性格を含めて話し方や表情などを似せることが可能で、亡くなった親族らに似せたロボットを身近に置くことに
よって心痛を和らげたりする活用法も考えられる。

また、クラウドベースなので、ユーザーが旅行の際、自宅のロボットを持ち運ぶことなく、移動先で別のロボットに
同じ性格をダウンロードすることもできる。ロボットの「ポータブル化」が可能なのも大きな特徴だ。

続く

続きを読む


slide_network-management


1: ジャンピングエルボーアタック(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 21:51:01.95 ID:pZYJn9ao0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
検索サービス大手のGoogleはこれまで自社の検索アルゴリズムについて公にすることはあまりありませんでしたが、現地時間26日に「スマートフォン対応」
していないWebサイトについてはモバイル検索順位に影響するアルゴリズムを、4月21日から世界中で一斉に開始すると発表しています。

会社や個人でサイト運営、ブログ運営をされている方は、注意を払ったほうが良さそうです。

「スマートフォン対応」はサイトのモバイル検索順位に”大きく”関わる

Googleによれば、運営しているWebサイトが
今後「スマートフォン」対応しているか否かという点が、そのサイトのモバイルでの検索順位に”大きく”影響される、としています。

また、この新しいアルゴリズムの導入については4月21日に世界中で一斉スタートする、と発表されています。

スマートフォンの所持率が高まるにつれ、PCでのWeb閲覧の頻度が下がっていることは多くの方が認識している部分かと思いますが、
これまではあまり検索順位に影響が出ないと考えて、油断していたWebサイトも多いはず。Googleから公式に
モバイル検索順位に”significant impact”(大きなインパクト)があるとされた以上、該当Webサイトの担当者の方は早めに対応しましょう。
http://iphone-mania.jp/news-64000/

続きを読む


tumblr_mtniiyK83e1sbnzdfo2_1280


1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 10:38:55.23 ID:???.net
掲載日:2015年2月26日
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO83685140W5A220C1EA2000/

 米グーグルは「ブロック崩し」などの電子ゲームの攻略法を遊びながら自ら編み出し、人間以上の高得点を
出せる人工知能(AI)を開発した。やり方を教わらなくても自分で学習するAIに道を開く研究成果で、
将来は人間にしかできないと思われていた複雑な仕事をこなせるようになる可能性もある。26日付の英科学誌
ネイチャー(電子版)で発表する。

 開発したのは、人間の脳の神経回路をまねた学習機能を持つAI「DQN」。スペースインベーダーや
ブロック崩しなど懐かしのゲーム49種類をAIに与えた。ゲームの事前知識を教えなくても、人間のように
繰り返し遊ぶことでやり方を学び、高得点を取る秘訣を編み出す。

 ブロック崩しを約100回遊ばせた段階では、AIは飛んでくるボールをうまく打ち返せないなど苦戦していたが、
400回遊ぶと取りこぼしはほぼなくなった。600回を超えると、端のブロックに攻撃を集中して穴を開け、
ブロックの裏側にもボールを送り込んで崩す攻略法を発見し、高得点を出せるようになった。

 ゲームの試験開発に携わるプロの人間とAIが得点を競ったところ、ゲーム49種類のうち29種類で、人間並みか
それ以上の得点を得られたという。ブロック崩しでは人間の13倍の得点を取り、最も上手になった「ピンボール」では
25倍に達した。

 AIが取り入れたのは、コンピューターが学習によって判断基準をつくり出し自ら賢くなる「深層学習
(ディープラーニング)」と呼ぶ最先端の研究分野。人間が教えなくても大量のデータから精度を高めることができ、
人間を上回る能力の獲得も可能だ。将来はロボットや自動運転車などの次世代技術に幅広く応用が見込める。

 AI開発はグーグルのほかフェイスブック、ヤフー、IBMなど米IT(情報技術)大手が相次いで研究拠点を
設けるなど先行している。日本は1980年代に国家プロジェクトでAI開発を先導したが、応用が広がらず頓挫。
近年はプロ棋士に勝つ将棋ソフトの開発などが研究者の間で進むが、日本企業は出遅れが目立つ。

<参照>
Deep Q-network: New artificial intelligence can learn how to play vintage video games from scratch - BelfastTelegraph.co.uk
http://www.belfasttelegraph.co.uk/technology/deep-qnetwork-new-artificial-intelligence-can-learn-how-to-play-vintage-video-games-from-scratch-31022741.html

Nature : Human-level control through deep reinforcement learning - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=iqXKQf2BOSE



Human-level control through deep reinforcement learning : Nature : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/nature/journal/v518/n7540/full/nature14236.html

<関連>
Playing Atari with Deep Reinforcement Learning
http://www.cs.toronto.edu/~vmnih/docs/dqn.pdf

続きを読む


images


1: ファイヤーボールスプラッシュ(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/01/24(土) 21:26:09.71 ID:m6uIRrGv0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
 Googleは、'12年以前に製造されたテレビなどの一部端末におけるYouTubeアプリのサポートを、4月20日をもって終了することを決定。
これを受けて、ソニーは23日にBRAVIAやウォークマンなどビデオ/オーディオ機器の一部機種でのYouTube動画対応を終了すると発表した。
米国時間の4月21日以降は、対象機種でYouTubeコンテンツが視聴できなくなるという。

 ソニー製品の対象機種は下記の通り。なお、一部の機種では、「New YouTube for TV」アプリを使用することで引き続きYouTubeを視聴できる。
また、Googleでは「スマートテレビにウェブブラウザが搭載されている場合は、
ブラウザでyoutube.comにアクセスすることにより引き続きYouTubeを利用できる」としているが、BRAVIAでは利用できない。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150123_685153.html

続きを読む


google


1: イス攻撃(大阪府)@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 13:41:49.56 ID:KKY7tZFN0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
GoogleがMVNO事業に参入し、米国で直接ユーザーに音声・データ通信サービスを提供する準備を進めているようです。米The Informationが、計画を知る3人からの情報として報じています。

The Informarionによれば、Googleは米スプリントおよび米T-Mobileから回線を利用してMVNOサービスを展開するようです。

MVNO(仮想移動体通信事業者)は、通信回線をキャリア(NTTドコモなどMNO)から借り受けて、比較的安価に通信サービスを提供する事業者。日本国内では「格安SIM」という表現が浸透しつつあります。

Googleは以前から、インターネット通信を世界中で利用できるようにするプロジェクトを進めたり、米国内で光ファイバー事業を展開したりと、
自社サービスのバックボーンを支える通信事業を自ら手がける方向性を強めています。特にモバイル通信サービスは、Androidスマートフォンは言うに及ばず、
今後拡大していく見通しの自動運転カー事業やGoogle Glassのようなウェアラブルデバイス事業などとの親和性が非常に高いと言えます。

NexusシリーズがGoogleの格安SIMとセットで販売されるような時代が来るのでしょうか。
必ずしもMVNO事業で利益を上げる必要はないGoogleが、他社より低料金で通信サービスを提供するようになる可能性も考慮しておいた方が良いかもしれません。

http://appllio.com/20150122-6100-google-mvno-project-nova

続きを読む


Google-Android


1: 膝十字固め(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/01/18(日) 19:35:51.25 ID:HpkvLkvu0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
GoogleがAndroid 4.4未満のサポートを終了するという大ナタを振るいました。
これにより世界で9億台規模のスマホが危機にさらされるということですが、とりわけ日本での影響は絶大となるようです。
脆弱性を修正するツール「Metasploit」を手掛けるRapid7の研究者が明かしたところによると、Android 4.3(Jelly Bean)までの
ブラウザに採用されているコアコンポーネント「WebView」のセキュリティパッチの提供をGoogleが打ち切ったそうです。
つまり2013年10月にAndroid 4.4(KitKat)、2014年10月にAndroid 5.0(Lollipop)をリリースしたGoogleにとって、Android 4.3以前は「サポートする価値の無い古いバージョン」
にあたることを意味するわけですが、肝心のAndroid 4.4以上の普及率は2015年1月時点でわずか4割。最もシェアが大きいのはAndroid 4.1~4.3(Jelly Bean)なのが現状で、
今回のGoogleのセキュリティアップデート打ち切りにより、9億3000万台以上のAndroid採用デバイスが影響を受けるとされています。

◆OSアップデートされない国産スマホ激震、発売1年のモデルすら脆弱性放置へ
また、今回のセキュリティパッチ提供打ち切りで、とりわけ強く影響を受けるのが国産スマホユーザー。
ソニーやSamsung、HTCといったグローバルメーカー各社がフラッグシップモデルを可能な限りAndroid 4.4へとOSアップデートしているのに対し、
シャープや富士通、京セラといった国内メーカーは発売1年程度となる2013年冬~2014年春発売のモデルすらアップデートを見送っています。
なお、2013年冬モデル以降で、Android 4.4アップデート見送りが表明された(いまだにアップデート予定が公開されていないものも含む)
主な機種は以下の通り。フラッグシップと位置付けられていたはずのモデルすら含まれるなど、あまり好ましくない状況です。

・NTTドコモ
AQUOS PHONE EX SH-02F
LG G2 L-01F
・au
AQUOS PHONE SERIE SHL23
ARROWS Z FJL22
DIGNO M KYL22
・ソフトバンクモバイル
AQUOS PHONE Xx 302SH
AQUOS PHONE Xx mini 303SH
ARROWS A 301F
http://buzzap.jp/news/20150114-google-jellybean-support-end/

続きを読む