サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

経済学

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2014/12/06(土) 09:57:35.37 ID:???.net
水をくみ上げ、経済情勢をシミュレートし、未来を予測する、1949年製のコンピューター「MONIAC」 ≪ WIRED.jp
http://wired.jp/2014/12/05/moniac/


Bill Phillips Moniac Economic Analog Computer - YouTube


上の動画は、先頃行われた1949年製コンピューター「MONIAC」のデモンストレーションの様子だ。

MONIACとは、Monetary National Income Analogue Computer(貨幣的国民所得自動計算機)の略で、水を使って
経済を分析するための機械だ。パイプやタンクを通じて水をくみ上げ、経済情勢をシミュレートし、未来を予測しよ
うというものだ。

「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」を思い出させるような、高さ2mを超えるこの仕掛けは、経済分野の計算をさせる
には奇妙な方法のように見えるかもしれない。特に、当時の計算機でもそうしたタスクは処理できたはずだと考え
れば(1946年には米陸軍がENIACを発表しているが、それ以前にも機械式計算機はいくつか開発されている)。

だが、コンピューターの歴史に詳しいドロン・スウェイドが『Inc.』誌の記事で説明しているとおり、これを考案したア
ルバン・ウィリアム・フィリップス(ニュージーランド生まれで英国などで研究生活を送った経済学者)は、コンピュ
ーターにモニターがなかった時代に、経済を視覚化する方法を探していたのだ。

たくさんのタンクや水の流れは、銀行、消費者支出、個人貯蓄、外貨準備など、経済活動のさまざまな側面を表
している。マクロビー教授が説明しているように、個人貯蓄のタンクが一杯になろうとしていて、より多くの投資を奨
励したいとしたら、システム全体により自由にお金(水)が流れるように、銀行のタンクのところにあるヴァルヴを緩
めることで利率を下げる。

MONIACは全部で14台しかつくられていない。そのほとんどは、世界中の大学の地下室で朽ち果てようとしている
が、まだ機能するものが少なくとも2台ある。そのうちの1台は、ニュージーランド準備銀行(Reserve Bank)付属の
博物館にあり、もう1台は英国のケンブリッジ大学にある。


Making Money Flow: The MONIAC - YouTube 


上の動画は、ケンブリッジ大学で行われたMONIACのデモンストレーションの一部だ。同大学で眠っていたMONIA
Cを、アラン・マクロビー教授(工学)が2009年に修復した。

YouTubeでは、MONIACのシミュレーションをソフトウェアで再現した動画も見られる。ただし、水を使わないと、そ
れほど面白くない。

続きを読む


2014122900005_1


1: リキラリアット(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/02/13(金) 12:33:31.89 ID:C8+NIcum0.net BE:686987925-PLT(12345) ポイント特典
http://newsphere.jp/economy/20150212-2/
経済格差の論客として知られるフランスの経済学者、トマ・ピケティ氏が来日し、各地で講演などを行った。
同氏は世界的ベストセラー『21世紀の資本』の著者。資本主義経済における格差の拡大について論じている同書は、日本でも13万部以上売れ、話題となっている。

 同書は格差について、過去300年分のデータをもとに「資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す」ことを論じる。
同氏は資本主義を支持しつつも、結果的に生じる持続的な格差に対し、より民主主義的な支配の回復を説く。同書では、グローバルな資本に対する累進課税を提案している。

 ブルームバーグなどの海外メディアは、来日中のピケティ氏にインタビューを行い、日本における「格差」の問題を取り上げている。
その中で、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は、日本の格差がここ数年縮小していることを指摘した。

◆「日本は例外的に格差が少ない」
 WSJは、世界経済の格差拡大を論じるピケティ氏に対し、「日本だけは例外かもしれない」と、ピケティ氏自身が監修する最新のデータを挙げて論じている。

 WSJは、主要30ヶ国の収入格差のデータを集めるピケティ氏監修の「ワールド・トップ・インカムス・データベース」から、日本に関する未公表の最新データを独自入手。
それによれば、日本の収入格差は1990年代初めからゆっくりと拡大したが、最近になって、横ばいまたはわずかに縮まる傾向にあるという。同データベースは、各国の年収上位1%の人々の
年収が国民全体の年収に占める割合を、「格差」の大きさの基準にしている。日本の場合は、1990年代初めは7%だったが、2008年までに9.4%に上昇。2012年には9%に下がった。

 別の調査でも、「日本の経済格差は主要48ヶ国中2番目に低く、(トルコの首都)アンカラの方が日本全体よりも億万長者が多い」という結果が出ている。
対して、先進国で最も経済格差が大きいのはアメリカで、2013年には上位1%が17.5%を占め、なおも拡大傾向にあるという。企業のCEO(最高経営責任者)の
平均報酬と労働者の平均賃金に対する比率を見ても、アメリカが354で世界一格差が大きく、日本は最低レベルの67という数字が出ている(WSJ)。

続く

続きを読む


2014122900005_1


1: リバースパワースラム(WiMAX)@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 05:31:46.44 ID:WxOUJNiy0.net BE:545512288-PLT(15444) ポイント特典
ピケティ現象 格差拡大は資本主義の宿命か

 資本主義経済の下では貧富の格差が拡大を続ける宿命にあるのか。
 フランスの経済学者、トマ・ピケティ氏が著書「21世紀の資本」で提唱した理論を巡り、
世界で活発な論議が巻き起こっている。
 「ピケティ現象」とも言われるブームに火が付いたのは、一握りの経営者の巨額報酬など
格差問題が深刻化した米国だ。分厚い学術書にもかかわらず、世界で100万部のベストセラーとなった。
 欧米を中心に200年以上の税務統計を分析したところ、株式や不動産などの資産から得られる
利益の伸びが、賃金上昇率を上回っていたことが分かったという。
 ピケティ氏はこうしたデータを根拠に、将来にわたって資産家への富の集中が続き、貧富の差は
拡大していくと結論付けた。(※中略)

 ピケティ氏の主張で疑問なのは、格差解消の処方箋として、富裕層に対する世界的な資産課税強化を
提唱していることである。
 税負担の軽い国や地域に資産が逃避するのを防ぐ狙いだろうが、各国が一斉に増税で歩調を合わせる
ことは、政治的にも実務的にも、ほとんど不可能だ。
 そもそも、報酬が従業員の数百倍の経営者も珍しくない米国より日本の格差は小さいなど、国によって
状況は大きく異なる。税制を同列に論じるのは無理がある。
 富裕層に重税を課すことは、働く意欲をそぎ、成長を鈍化させる要因になりかねない。
 ピケティ説に乗じ、過剰な所得再分配を求める声が、日本でも強まってきたのは気がかりだ。
 成長の恩恵を受ける富裕層と、取り残される低・中間所得層という単純な図式を掲げ、バラマキ策を唱える
のは無責任だ。教育や職業訓練の充実など、努力すれば所得を向上できる機会を広げる政策にこそ、
力を注ぐべきである。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150125-OYT1T50131.html

続きを読む


Economics-8


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/24(土) 10:29:01.10 ID:HegTue+00.net
日本がノーベル賞でとってないのは経済学賞だけ
過去にもっともノーベル経済学賞に近いと言われた日本人経済学者の二階堂副包・一橋大名誉教授は、 理科大→東大理学部数学科のガチ理系。
このまま文系が経済学部に言ってるようじゃノーベル賞とか永遠に無理だろうな

経済学部は営業学部にでも鞍替えして、理学部数学科に経済学を学ぶ学科を設けたらいいと思 う。

続きを読む


Economics


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/18(日) 02:06:42.31 ID:3FLHLp070.net
経済なんて地理外交政治教育科学技術
いろんな要素が総合されて決まるはずで
経済学なんて対して重要じゃないよな。

近代の経済発展だって科学技術の発展による産業革命
つまり科学者や技術者の功績のほうが大きいだろ

続きを読む