サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

未来予想


destiny_by_ecodigital-d5vuqdx


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 07:03:58.92 ID:5Rsc3/IBK.net
コンピューター関連

2030年まで
・インターネットメガネ、コンタクトレンズの登場
・無人運転車両
・バーチャル世界へ行く(架空の世界に行って様々な体験をするなど)、現実とバーチャル世界の融合
・四方の壁がスクリーンになる

2030年~2070年
・万能翻訳機(メガネ、コンタクトを用いて、異言語で話す相手が喋ると同時に翻訳され字幕が出るなど)
・3Dホログラム技術、完全なる3Dテレビ

2070年~2100年
・心で機械を動かす(心で思うだけでコンピューター、ロボットを操作)
・夢の録画
・いわゆる念力(超伝導技術と融合させ、心で思うだけでモノを動かす。『スターウォーズ』のフォースのようなもの)
・脳のスキャン(スキャンするだけで人の思考を読みとる)

続きを読む


20090614_454818


1: 河津掛け(大阪府)@\(^o^)/ 2014/12/09(火) 18:19:26.29 ID:W9p4a6vb0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
 
【AFP=時事】映画『2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)』に登場した狂気のコンピューター「HAL9000」。『アイ, ロボット(I, Robot)』で、主人である人間を襲い始めたヒューマノイドたち。
そして、『ターミネーター(The Terminator)』で、未来の世界を支配する機械たちの脅威となる男を産んだ母親を抹殺するため、過去に送り込まれた殺人ロボット──。
こうした暗く陰鬱な人工知能(AI)に対する見解が、英理論物理学者のスティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士の発言によって再びメディアを賑わせている。

「われわれがすでに手にしている原始的な人工知能は、極めて有用であることが明らかになっている。だが、完全な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある」と、ホーキング博士は先日、
英国放送協会(BBC)に語った。「ひとたび人類が人工知能を開発してしまえば、それは自立し、加速度的に自らを再設計していくだろう」

 しかし、AFPが取材した専門家たちの意見は分かれている。人工知能の脅威は切迫したものではないにしても真剣に向き合うべきだとして、博士に同意する者もいれば、
博士の警告は大げさだと反論する者もいる。

「ハードサイエンス分野の化学者が声を上げたことをうれしく思う。私は何年も前から同じことを言ってきた」と、
スイスのローザンヌ大学(University of Lausanne)の人類学者ダニエラ・セルキ(Daniela Cerqui)氏は言う。

 人工知能開発分野での進歩は、人間の能力をしのぐ機械を作りつつあると、同氏は主張する。このままいけば、人命に関わる責任を機械に任せることになるだろうと、彼女は予測する。
「SFのように思えるかもしれないが、いま起きていることを見れば、それは程度の問題だ。私たちはホーキング博士が警鐘を鳴らす道を一歩ずつ進んでいる」

烏賊ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00000021-jij_afp-sctch

続きを読む


Economics-8


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/20(木) 18:51:00.13 ID:rXEA0eCRHAPPY.net
日本はいつ財政破綻するの?
他3国はみんな破綻したけど、日本は破綻すると言われてずいぶん経つけど?

続きを読む


Economics-8


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/21(金) 10:18:29.68 ID:7fjaCVcpp.net
日銀の円刷りと黒田バズーカでもバブルどころかGDPマイナス スタグフレーション不可避とか言われる始末

増税しても増収減とかいう闇

100年後には人口半分

年金崩壊

チャイニーズパワー



4月から社会人の大4だけど退職まで大丈夫なんこれ?偉い人教えてくれや

続きを読む


tumblr_m97ij7i4h61rr9bzgo1_1280


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/07(金) 10:39:37.26 ID:J6sWQ6sC0.net
昨日、グーグルの創業者であり、現CEOのラリー・ペイジがファイナンシャル・
タイムのインタビューに答え、検索エンジンで得た巨額の利益を次の10年、20
年でどのように使おうとしているかを具体的に述べました。

「必要な情報をすべてのユーザーに届ける」という壮大なミッションを成し遂
げたグーグルが次に目指すものは、世界全体の効率を上げ、人類の文明を前進
させるものかもしれませんが、ペイジの話を聞いていると、みんながみんな幸
せになれるわけではなさそうです。

まずペイジが必ず起こると断言していることは、人工知能の急激な発達により、
現在日常で行われている仕事のほどんどをロボットが行うというもので、近
い将来、10人中9人は今とは違う仕事をしているだろうと述べています。

「テクノロジーは仕事の効率を10%向上させるものではなく、効率を10倍良く
するものです。あなたの生活は今よりも劇的に良くなり、生活にかかるコスト
も信じられないほど安くなるでしょう。」

しかし、テクノロジーが発展すればするほど、人間が物理的に行う仕事はどん
どん無くなっていき、オックスフォード大学の調べでは、現在人間が行ってい
る47%の仕事が20年以内に機械によって代行され、ビル・ゲイツも人々にしっ
かりと来るべき未来を意識するようにと警告しています。

http://lrandcom.com/automation

俺は就職を諦めた

続きを読む