サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!


0150408at74_p


1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/04/10(金) 12:06:13.28 ID:???.net
掲載日:2015年4月9日
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040900023&g=int

 約45億年前に原始の地球に火星サイズの惑星が衝突し、飛散した破片が集まって月が誕生した際、
激しい衝突で破片の物質の混合がかなり進んだ可能性があると、米メリーランド大の研究チームが
8日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 この「巨大衝突説」は、これまでの月探査機による観測や、米アポロ宇宙船が採取した月の石の
分析などから最も有力と考えられている。ただ、原始の地球と火星サイズの惑星を構成する物質は
かなり違っていたはずなのに、地球と月の物質がよく似ているのはなぜかという疑問があった。

 研究チームがタングステンの同位体に注目して分析した結果、衝突時とその後の過程の2段階に分けると、
都合よく説明できると分かった。

<参照>
UMD Scientists Offer a New View of the Moon's Formation | UMD Right Now :: University of Maryland
http://umdrightnow.umd.edu/news/umd-scientists-offer-new-view-moons-formation

Tungsten isotopic evidence for disproportional late accretion to the Earth and Moon : Nature : Nature Publishing Group
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature14355.html

続きを読む


20140324-alma-700


1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2014/12/05(金) 17:31:10.71 ID:???.net
Yahoo!ニュース - <しんえん2>深宇宙通信の実験成功…アマチュア無線使い (毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141205-00000006-mai-soci


 小惑星探査機「はやぶさ2」とともに打ち上げられた深宇宙通信実験機「しんえん2」が4日夜、地球から約38万キロ離れた月より遠い
「深宇宙」空間でアマチュア無線を使ったデータ通信実験に成功した。大学や企業が開発した民間レベルでは世界初の快挙で、月の開
発に必要な通信技術の発展に道を切り開いた。

 ◇「はやぶさ2」とともに打ち上げ

 しんえん2は直径約50センチ、重さ約17キロの多面体で、九州工業大(北九州市)と鹿児島大が共同開発した。3日に鹿児島県・種子
島宇宙センターから打ち上げられ、約2時間後に高度約2800キロでロケットから分離。九工大などが世界中のアマチュア無線愛好家
に電波の受信を呼びかけていたところ、4日午後8時半ごろ、横浜市の無線愛好家から、地球の約50万キロ先でしんえん2が発信した
温度や放射線の測定値などのデータを受信したとの連絡が入った。2010年5月に打ち上げられた先代の「しんえん」はロケットから分
離後に通信が途絶えており、しんえん2は機体の強度や安定性を向上させて挑んだ。

 しんえん2は最終的に約300万キロ先まで通信実験を続ける。

続きを読む


mass0


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/10(水) 21:08:40.54 ID:65nO+eTD0.net
とりあえず条件はこんなところで。

仕事内容:月面基地の拡張工事の作業員
年収:1000万円
応募条件:なし。健康体であること
待遇:衣食住保証。ただし食事はクロレラやミドリムシ、サプリメント中心
期間:最低10年
地球への往来:制限あり

続きを読む


2014110307282850so1a


1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/11/02(日) 23:39:34.43 ID:???.net
試験機が地球帰還=17年に月の石回収へ-中国

【北京時事】新華社電によると、月の岩石などを採集する無人探査機「嫦娥5号」の技術を検証するため、
中国が月に向け打ち上げた試験機が地球に戻り、1日朝、大気圏に突入、予定された内モンゴル自治区内に着地した。
プロジェクトを担う国家国防科技工業局は「成功」を宣言した。中国の宇宙開発に弾みがつくとみられる。
 
試験機は中国初の試みとして10月24日に打ち上げられた。
月を回って向きを変え、計画通り地球へ飛行していた。
 
月から岩石や土壌のサンプルを持ち帰るため、2017年ごろに打ち上げる嫦娥5号に、大気圏突入などのデータを生かす。
 
月探査は、22年ごろまでの完成を目指す独自の宇宙ステーションと並び、中国の宇宙開発の柱。
昨年12月には無人探査機「嫦娥3号」を月に軟着陸させた。
地球外の天体からのサンプル回収は、米国や旧ソ連のほか、日本の探査機「はやぶさ」が10年に小惑星から微粒子を持ち帰ることに成功している。(2014/11/01-11:18)
_________

▽記事引用元
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014110100121 
続きを読む


ダウンロード


1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/10/29(水) 21:17:29.71 ID:???.net
嫦娥五号試験機、月の裏側を通過 進路を地球へ 11月1日に帰還
October 29 - 2014 - 科学衛星

国家国防科技工業局、中国国家航天局は10月28日、月からの探査機を帰還させる技術を試験するために打ち上げられた、
中国の嫦娥五号の試験機が同日夜、月の裏側を回り、ミッションの折り返し地点を通過したと発表した。
またそれに合わせ、試験機から撮影された、地球や月の美しい写真も公開された。

今後試験機は地球に向けて航行し、11月1日に最大の難関である第2宇宙速度での大気圏再突入に挑む。

この試験機は10月24日、西昌衛星発射センターから長征三号丙改二型ロケットに搭載されて打ち上げられた。
打ち上げ後、試験機は月の軌道とほぼ同じ高度にまで上げる大きな楕円軌道に投入され、一路月へ向けて航行を始めた。
そして途中、軌道補正を行いつつ月に接近し、10月28日の夜に月の裏側を回った。

そして探査機はマラソンの折り返しのように、今後は地球へ向けて進路を取った。
こうした軌道は自由帰還軌道(Free return trajectory)と呼ばれるもので、軌道補正などの細かいものを除けば、
エネルギーを使うことなく地球と月との間を往復することができる。
過去にソヴィエトのゾーント計画でも同様のミッションが行われた他、またアポロ計画でも、ミッション中に事故などが発生した際に、
月周回軌道への投入や月への着陸を行わずに帰還するための軌道として設定されており、実際にアポロ13ミッションで使用されたことは有名だ。

今後この試験機は、11月1日に地球の大気圏に再突入する予定だ。
その際のスピードは、第二宇宙速度(秒速約11.2km)に近い、秒速10.9kmにもなる。
着陸日時は中国標準時11月1日5時30分(日本時間11月1日6時30分)頃に予定されている。
着陸場所は内モンゴル自治区の中部とされる。
(引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください)

▽記事引用元
http://www.sorae.jp/030905/5339.html
sorae.jp(http://www.sorae.jp/)October 29 - 2014


続きを読む


2d2f67d7


1: 名無しは無慈悲な夜の女王 2013/02/01(金) 22:03:03.51 .net
数十年くらい前のSFでは22世紀頃にはとっくに火星に人が住んでいるが
実際では何百年後にもまだ住めない予感
本当に月や火星の居住可やスペースコロニーは実現されるのかな


続きを読む


ダウンロード


1: project on the moon 2011/12/24(土) 23:32:34.50 ID:7nL9cdJG.net
月の色を変えるには物理的、現実的にどうするべきか?
国家プロジェクトになりそうですが、資金、期間、技術、方法、何でも良いのでアイディアください。
因みに、何で?は説明が面倒なので現段階では可能、不可能などを知りたいです。



続きを読む