f35


1: アトミックドロップ(豚)@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 16:06:18.79 ID:H726SZN30.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
 【シンガポール=吉村英輝】豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(電子版)は19日、米国を中心にオーストラリアなどが開発中の最新鋭ステルス戦闘機F35に関する誇大な機密情報が、
中国のサイバースパイにより窃取されたと報じた。米側から豪政府に説明があったとしている。

 専門家は、中国が「第5世代」と位置付ける次世代ステルス戦闘機「殲31」と「殲20」の設計に、米国から窃取された情報が影響を与えたと推定。
米国と同盟国が長年にわたり保持してきた空軍力の優位が損なわれたと警告している。F35に関しては、日本政府も航空自衛隊への導入を決めている。

 情報の窃取は、ロシアに政治亡命した米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者が、ドイツの有力誌シュピーゲルに提供した資料で判明した。

 窃取された情報は、レーダーや、エンジンの図式など膨大な量に及んだとみられる。対策として、インターネット上のスパイ防止策などに1億ドル(約118億円)以上が必要になったという。
F35は日本が新年度予算案で6機分の調達予算を確保しているほか、豪州は計72機の導入を計画している。

http://www.sankei.com/world/news/150119/wor1501190018-n1.html

続きを読む