サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

医学

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1412442986/

ダウンロード

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2014/10/05(日) 02:16:26.25 ID:???0.net
◆注射か針がついた薬飲むならどっちがいい?

注射は痛い。痛いから怖い。怖いから嫌。嫌だから泣いちゃう…。
そこで朗報です。NO MORE注射。
注射に代わるものが開発されています。
それは、小さな針がたくさんついたカプセル。
もちろん、口から飲み込みます。
針飲むくらいなら注射した方がマシだと思いますが、この針カプセル、痛くないんだって。

写真:141003needlepill


開発しているのは、マサチューセッツ工科大学とマサチューセッツ総合病院。
Journal of Pharmaceutical Sciencesにて発表された論文では、
このカプセルは2センチほどの長さのアクリルカプセルで中身はインシュリンが入っており、
5ミリほどの長さの針が複数本とりつけられているといいます。
5ミリというマイクロ針は、 その小ささから、飲み込んでも腸を傷つけることはありません。
飲み込んだカプセルは腸に行き着き、そこで針から薬が体内で投与されるということです。

すでにブタを使った実験が行なわれており、針カプセルに苦しむことなく
インシュリンを投与することができたといいます。

http://www.youtube.com/watch?v=PBCa5bM3zjg



ブタが大丈夫だって言ってると言われても、針がついた薬を飲み込むのは
躊躇してしまいます。
そこで開発者は、より安全により受け入れてもらえるように試行錯誤中とのこと。
例えば、飲み込む時は針がカプセルの中に隠れており見えず、
胃を経て腸にたどり着いた時に溶けて中の針が現れるという仕掛けなんかを
試しているとのこと。
2センチというカプセルは結構大きく感じるので、ここもなんとかしてもらいたいですけど。

現在のテストでは、投与薬にインシュリンが使われていますが、
もちろんこれ以外にも、針カプセルを使ってさまざまな薬の投与が可能です。
さて、実際に使われるようになるのでしょうか。やっぱり怖いけれど…。

ギズモード・ジャパン 2014年10月04日07:00
http://www.gizmodo.jp/2014/10/post_15638.html


続きを読む

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1412553177/

svg

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2014/10/06(月) 08:52:57.56 ID:???.net
◆日本が世界有数の「がん大国」である理由

世界一の長寿国である日本は、実は、世界トップクラスの
がん大国でもあるという事実は、どれほど知られているのだろうか。
日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡する日本。
だが、多くの先進国ではがんによる死亡率が減少しており、
死亡率が上昇しているのは日本だけだ。その訳はなぜなのか。

理由の1つは、日本が世界一の長寿国であること。
がんは、老化が1つの原因ともされるため、高齢化にともなって
高齢者の数が増えると、同時にがんの患者数も増えるのだ。

もう1つの大きな要因は、海外と比べて圧倒的に低い、がん検診の受診率である。
例えば、子宮頸がんはアメリカでは84%が受診しているが、
日本の受診率はわずか25%。乳がんでもアメリカやイギリスが7割を超えているのに対して、
日本は24%と低くなっている。検診の受診率が低いため、発見が遅れて命を落とす人が
多いのだ。

がんは、早期に発見さえできれば、多くは治すことができる病気である。
がん患者の中で一番多い胃がんは、進行すれば5年生存率が半数を切るが、
ごく初期の段階では9割以上が完治する。

多くのがんは、初期はほとんど症状がない。
逆にいうと、症状が出てから初めて病院にいくのでは遅いのだ。
症状のないうちに、検診でがんを早期発見するのが重要なのは、このためである。

がんによる死亡を防ぐために効果的だとわかっているがん検診だが、
なぜ日本では受診率が低いのか。
内閣府の調査では、多くの人が「時間がない」ことを理由としていた。
時間的な制約のほかにも「がんが見つかるのが怖い」という意見もある。
また子宮頸がんなどでは産婦人科を受診すること自体が、
心理的なハードルとなっていることも考えられる。

こうした中、8月には国立がん研究センターや国立長寿医療研究センター、
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが新たに、
1回の採血で13種類ものがんを発見できる診断システムの開発に着手したと発表した。

新たなシステムは、がん患者などの血液中で変化するマイクロRNAに着目したもので、
認知症も対象とし、2018年度末の開発を目指すという。このシステムが実現すれば、
検診受診率は一気に上がり、がんの克服にまた一歩近づくのかもしれない。

10月は厚生労働省による「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」だ。
何よりのがん予防は早期発見である、ということを肝に銘じて、何はともあれ自治体の
がん検診などに足を運んでみてはどうだろう。

エコノミックニュース 2014年10月4日(土)15時35分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000029-economic-sci&pos=1


続きを読む

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1412298339/

m_20140801-04-d9a7c

1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 10:05:39.22 ID:???O.net
世界保健機関(WHO)は1日、西アフリカのエボラ出血熱感染者数が9月28日時点で
7178人、うち死者は3338人に上ったと明らかにした。

新たな事例の総数が2週連続で減ったが、実際はほぼ確実に統計以上の数に達している
として、WHOは数字の深読みを避けるよう注意を促した。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0RW4R320141001



続きを読む

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1412433586/

ebola_L

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 23:39:46.49 ID:???.net
日本の薬投与の仏女性治癒 エボラ出血熱

【パリ共同】フランスのトゥーレーヌ保健相は4日、エボラ出血熱に感染し日本の製薬会社が開発した
インフルエンザ治療薬などを服用していたフランス人女性看護師が治癒し、病院を退院したと発表した。
フランス公共ラジオが伝えた。

服用していた日本の薬は富山化学工業(東京)開発のファビピラビル(販売名・アビガン錠)。
フランス保健省は米国、カナダの製薬会社が開発したものも含む計3種類の薬の投与を「実験的治療」として認めていた。

女性は国境なき医師団(MSF)のボランティアとして活動していたリベリアで感染が発覚。
9月19日にパリ郊外の病院に搬送された。

2014/10/04 22:13 【共同通信】
_________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014100401001930.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/10/04 22:13配信記事

▽関連スレッド
【医療】富士フイルム傘下社開発のエボラ未承認薬、患者に初投与
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1411815971/

▽関連リンク
富士フイルム
2014年9月26日ニュースリリース
「アビガンR錠200mg」のエボラ出血熱ウイルスに感染したフランス人女性への投与について
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0915.html

*ご依頼いただきました。


続きを読む

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1412425382/

color01

1: fukunyu ★@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 21:23:02.79 ID:???.net
若い女性に人気のカラーコンタクトレンズ(カラコン)による眼障害のトラブルが後を絶たない。
多くは眼科医の処方を受けずにインターネットなどで購入、不適切な使用を続けたことで起きている。
最悪の場合、失明する可能性もあるだけに、日本眼科医会などは購入時に眼科医の診察を受け、
定期的にチェックするよう呼びかけている。(平沢裕子)

 ◆適度な動き必要

 カラコンは、黒目を大きく見せたり、瞳の色を変えたりすることができるコンタクトレンズ(CL)。

 カラコンによる眼障害の多くは、目の角膜への酸素不足が原因だ。
 角膜は目の表面を覆う厚さ約0・5ミリの透明な膜で、角膜の細胞は主に涙から酸素を供給されている。
 CLは角膜の上の涙の層に浮いている状態で、ソフトレンズが主流のカラコンの場合、
 レンズそのものがどれくらい酸素を通すかや、レンズが適度に動くよう適切にフィッティングされているかが大切になってくる。

 近畿大学医学部付属病院眼科の月山純子医長は
 「角膜の形や大きさには個人差が大きい。ソフトレンズは柔らかく、目に合っていなくてもつけられるが、目の形に合わないものを使い続けることでトラブルになるケースが少なくない」
 と指摘する。

産経新聞 10月2日(木)8時5分配信
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/141002/lif14100208000001-n1.html


続きを読む

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1412335854/

ダウンロード

1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 20:30:54.38 ID:???.net
◆男性に注射するだけ。世界一簡単な避妊法が開発される

世界にはさまざまな避妊方法があります。最もポピュラーなものはコンドーム。
女性ならばピルを服用している人もいるでしょう。
少しマイナーなものになるとリングやフィルムなどを使用することもあります。

近い将来、これらの避妊方法を凌駕するすごい方法が実用化されるのではないかと、
海外では話題になっています。

その避妊方法とは男性に注射をするだけという簡単なものです。
ペイサルジェルと呼ばれるインドの研究者によって開発されたものなのですが、
避妊するたびに注射を打つのではなく、一度打てばその効果が10年も継続するという
優れものなのです。

男性に行う避妊方法にパイプカットというものがありますが、
パイプカットは一度してしまうともう元に戻せないところがネックでした。
そのため年をとってから行う人が多いのが現状です。

しかし、ペイサルジェルの避妊は病院でたったの15分で終了します。
また子どもが欲しいと思ったときには、もう一度注射を打てば元通りになるそうです。

この避妊方法が実用されるには後2,3年かかるそうですが、
世に出回るようになればきっと大人気となるでしょう。

人によっては性病の確率があがるのでは?と不安視している人もいますが、
基本的にはウェルカムな雰囲気がただよっているそうです。

あなたはこの新しい避妊方法試してみたいですか?

マイナビウーマン 2014年10月3日(金)19時57分
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1262781?news_ref=top_latest_kno


続きを読む

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1412346829/

ebola_L

1: fukunyu ★@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 23:33:49.02 ID:???.net
【10月2日 AFP】子ども支援の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)」は2日、
シエラレオネで1時間に5人のペースでエボラウイルスの感染者が増加しており、病床数が大幅に不足していると警告した。

もし現在の「恐ろしい」ペースで感染者の増加が続いた場合、10月末にはシエラレオネで1時間に10人のペースで
エボラウイルス感染者が増加することになると、同団体は警告した。

「エボラ流行の規模は壊滅的で、毎日拡大している。先週シエラレオネでは1時間ごとに5人が感染した」と、
セーブ・ザ・チルドレン英国のジャスティン・フォーサイス(Justin Forsyth)氏は声明で述べ、
「治療センターの建設と医療スタッフの派遣を即座に行う、協調した国際的対応が必要だ」と呼び掛けた。

同団体によるとシエラレオネの先週の新たな感染例は推定765例だったが、全国に病床は327床しかなかった。

また感染者数は「大幅に」過小に報告されている可能性があるという。
「多数の子どもが路上や自宅で報告されないまま死にひんしている」と同団体は述べた。

「われわれは恐ろしい流行見通しに直面している。(エボラは)シエラレオネ全土に山火事のように広がっており、
3週間ごとに新規感染者数が倍増している」
と、セーブ・ザ・チルドレンのシエラレオネ責任者、ロブ・マクギルブレー(Rob MacGillivray)氏は語った。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3027896


続きを読む

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1409787031/

obesity-and-diabetes

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 08:30:31.24 ID:???.net
糖尿病が世界で急増している。各国の糖尿病関連団体でつくる国際糖尿病連合(IDF)によると、2013年の世界の糖尿病人口(20~79歳)は3億8200万人で、
1億9400万人だった03年から倍増。35年には5億9200万人に達する見込みだ。
経済成長に伴い中国やインド、アフリカでも年々深刻化しており、欧米では糖尿病や肥満の対策として糖分を多く含んだ清涼飲料などに課税する動きも出始めている。

 IDFによると、糖尿病人口の約80%は中低所得国の人々。13年は1位が中国でインド、米国と続き、日本は10位だ。
35年までに中国では約1・5倍、インドで約1・7倍に、サハラ砂漠以南のアフリカでも倍増する見通し。
13年の糖尿病による世界の死者は510万人で、喫煙による死者約600万人に迫る。低所得国では資金不足で治療を受けられない患者も増えると懸念される。

 世界保健機関(WHO)は13~20年の「行動計画」で、糖尿病を含む非感染症の死者を25年までに25%削減する目標を掲げている。

国連のデシューター特別報告者(食料問題担当)は今年5月、高カロリーで栄養バランスが悪いジャンクフードなど不健康な食品は
「たばこより大きな健康上の脅威」と警告、規制を急ぐよう各国に促した。

 メキシコは糖分を含む清涼飲料やファストフードなど高カロリー食品への課税を今年1月から開始。清涼飲料への課税はフランスやハンガリーでも既に導入されている。

 米メディアによると、カリフォルニア州では2月、州内で売られる糖分を多く含んだ清涼飲料や栄養ドリンクなどに「肥満や糖尿病、
虫歯の原因になります」との警告文掲載を義務付ける法案が提出された。6月に州議会で否決されたものの、票差はわずかだった。

 サンフランシスコ市では7月、加糖飲料に課税する条例の賛否を11月の住民投票で問うことが決まった。

 大手清涼飲料メーカーは「清涼飲料だけをやり玉に挙げるのは不公平」と強く反対。飲み物に加える砂糖の量は以前より減らしていると説明するなど防戦に躍起だ。(共同)

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20140902-1360447.html


続きを読む

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1411051948/

c_cocacolazero_spec1

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/09/18(木) 23:52:28.10 ID:???.net
人工甘味料で代謝異常 腸内細菌のバランス崩す

 
【ワシントン共同】菓子や清涼飲料に広く使われているサッカリンなどの人工甘味料には、
代謝に関わる腸内細菌のバランスを崩して血糖値が下がりにくい状態にする作用があるとする研究結果を、
イスラエルの研究チームが英科学誌ネイチャー電子版に17日発表した。

虫歯予防やカロリー摂取量を抑えるのに役立つ一方で、糖尿病や肥満といった生活習慣病のリスクが高まる可能性を指摘。
別の人工甘味料のスクラロースやアスパルテームにも同じ作用があることをマウスの実験で示した。
チームの研究者は「大量に使われている人工甘味料の影響について再評価する必要がある」と警告している。

2014/09/18 02:00 【共同通信】
_________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014091701001812.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/09/18 02:00配信記事

▽関連リンク
Nature (2014) doi:10.1038/nature13793
Received 27 March 2014 Accepted 28 August 2014 Published online 17 September 2014
Artificial sweeteners induce glucose intolerance by altering the gut microbiota
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature13793.html


続きを読む


ebola_L

1: fukunyu ★@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 20:06:11.33 ID:???.net
富士フイルムは26日、傘下の富山化学工業がインフルエンザ治療薬で開発した「アビガン」が、エボラ出血熱の患者に使われたと発表した。
アビガンがエボラ患者に投与されるのは初めて。

アビガンは、世界保健機関(WHO)が、エボラ出血熱の治療に効く可能性があるとして、投与を容認している未承認薬の一つ。
富士によると、リベリアの首都モンロビアでエボラ出血熱の患者を手当てしていたフランス人の女性看護師が感染。
仏政府機関から富士と日本政府に9月初めに薬の提供依頼があった。
女性はフランスの病院に移り、19日からアビガンを服用しているという。

http://www.asahi.com/articles/ASG9V63R3G9VULFA02Y.html

続きを読む