サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

冥王星


20150416-00000007-wordleaf-000-4-view


1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 18:06:51.73 ID:???.net
冥王星まであと3か月、探査機撮影のカラー写真を公開 (THE PAGE) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000007-wordleaf-sctch


 NASAの冥王星探査機「ニューホライズンズ」が撮影した冥王星と衛星カロンのカラー画像が公開されました。この探査機は、今年7月に冥王星に接近して、冥王星の大気や表面の様子を
探査するほか、カロンの大気の有無などを調べます。

 「ニューホライズンズ」は2006年1月に打ち上げられました。カラー画像を撮影した今月9日時点で、「ニューホライズンズ」から冥王星までの距離は約1億1500万km。地球から太陽までの距離
(約1.5億km)よりも近いのですが、この距離から撮影しても冥王星とカロンは単なる明るい点のようにしか写っていません。それでも今年1月25日に撮影された画像と比べると、近づいていることを
実感させる画像になっています。

 「ニューホライズンズ」は9年半の旅の末、今年7月14日に冥王星の表面からわずか1万2500kmにまで最接近します。計画が始まった2001年には見つかっていなかったほかの「ニクス」「ヒドラ」
「ケルベロス」「ステュクス」という4つの衛星を調査するほか、ほかにも衛星がないかどうかを探す予定です。

 冥王星を通り過ぎた後にも、太陽系外縁天体を探査する計画になっています。太陽系外縁天体というのは、海王星の外側を周る天体のことです。この「エッジワース・カイパーベルト」と呼ばれる
領域に集う小天体は近年になって次々と発見されていますが、太陽~地球の数十倍という太陽系の果てにあるため、それらの性質についてはまだまだわからないことだらけです。

 プロジェクトチームのHal Weaverさんは「この歴史的ミッションから得られた成果で、私たちは教科書を『書き換える』のではありません。一から書き起こすのですよ」と話しています。

 冥王星は1930年2月18日に発見されました。探査機には、冥王星の発見者である天文学者クライド・トンボーの遺灰も収められています。

(監修:アストロアーツ(http://www.astroarts.co.jp/news/2015/04/16pluto/index-j.shtml))

続きを読む


img_4e8a6c7b74749c10c5a71bbb771682a9196027


1: シューティングスタープレス(佐賀県)@\(^o^)/ 2014/12/08(月) 19:44:28.48 ID:sl/3aoYL0.net BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ」覚醒、史上初の接近観測へ

【12月8日 AFP】地球から遠く離れた冥王星の接近観測に史上初めて挑戦する米航空宇宙局(NASA)の無
人探査機「ニュー・ホライズンズ(New Horizons)」が6日、休眠状態から目覚め、地球との通信を再開した。
9年間に及ぶ旅を経て、来年1月から探査を開始する。

「ニュー・ホライズンズは正常に機能しており、地球から約48億キロ離れた深宇宙を静かに飛行している。
だが、休眠はもう終わりだ」。米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)応用物理学研究所
(Applied Physics Laboratory)でニュー・ホライズンズの管制を統括するアリス・ボウマン(Alice Bowman)氏
は、このように述べた。

2006年1月に打ち上げられたニュー・ホライズンズは、旅程の約3分の2に相当する1873日間を休眠状態で過
ごしていた。電力を保持し、地上からの監視に必要なリソースを最小限に抑えるためで、NASAの技術チーム
が数か月ごとに再稼働させてシステムの機能状況をチェックしていたほか、ニュー・ホライズンズからも週に1回
メッセージが地球に自動送信されていた。

ニュー・ホライズンズに課せられた任務は、太陽系の外縁部近くに位置し、5個の衛星を持つ氷に覆われた
天体、冥王星の探査だ。2015年1月、冥王星から約2億6000万キロ離れた地点から観測を開始。楕円軌道
を描いて周回する冥王星に7月に最接近し、近接探査を行う予定となっている。

続く… 
続きを読む

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1412393982/

Pluto-800x557

1: ◆azusaI.91Q @あずささん ★@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 12:39:42.68 ID:???0.net
冥王星は惑星なのか違うのか――。米ハーバード大学でそんなテーマのフォーラムが開かれ、
参加者が惑星かどうかを決める投票を行った。

国際天文学連合(IAU)は2006年、冥王星は惑星の定義に当てはまらないと判断し、「準惑星」に
降格した。これで太陽系の惑星の数は9個から8個に減った。

しかしIAUの定義を巡っては今も論争が続く。ハーバード大学スミソニアン天体物理学センターが
9月18日に開いたフォーラムでは、惑星の定義について専門家が討論し、聴衆にも参加して
もらって投票を行った。

その結果、会場が出したのは「冥王星は惑星」という結論だった。

冥王星を目指す探査機「ニュー・ホライズンズ」計画にかかわる研究者のアラン・スターン氏は、
冥王星の降格を認めない専門家の1人。降格は太陽から遠く離れているためだと主張し、「もし地球が
冥王星の場所にあれば、地球も降格されるだろう」と指摘した。

同氏はさらに、「IAUはこの論議に介入する権威があるかのように振る舞うべきではない。これは
惑星科学者の問題であって、天文学者の問題ではない」とも強調する。

探査機ニュー・ホライズンズは来年7月に冥王星に到達予定。それでも冥王星が惑星かどうかの問題は
決着しないかもしれないが、驚くような成果が期待できるとスターン氏は言う。

小惑星をかわしながら進む「7週間のサスペンス」を経て冥王星に到達すれば、この星の詳細な
画像が送られてくる見通し。惑星であってもなくても冥王星が脚光を浴びるのは確実だ。

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35054671.html


続きを読む