サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

マイクロソフト


Windows-Product-Family-9-30-Event-741x416


1: ファイヤーバードスプラッシュ(愛知県)@\(^o^)/ 2015/03/19(木) 11:08:10.76 ID:1lBN45cB0.net BE:792899348-PLT(13700) ポイント特典
Microsoftのオペレーティングシステム担当エグゼクティブバイスプレジデントを務める
Terry Myerson氏は、中国の深センのWindows Hardware Engineering Community(WinHEC)サミットで、新しいソフトウェア「Windows 10」について語った。
「Windows 7」と「Windows 8」の現行ユーザーにWindows 10の無料アップデートを提供することは既に発表されていたが、Myerson氏は、同ソフトウェアの違法コピーにも無料アップデートを提供する予定であることを明らかにした。

 これは、海賊版ユーザーを正式版ソフトウェアに引き戻すための試みである。
最大の影響を受けるのは、違法コピーが横行していると言われる中国になりそうだ。同社は中国で同OSを普及させるためにTencent(騰訊)やQihu 360(奇虎360)などと提携したことを明かしている。
いかそ
http://japan.zdnet.com/article/35061961/

続きを読む


abc


1: ダイビングエルボードロップ(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/02/04(水) 20:24:56.03 ID:fC1mEazZ0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
1998年、Microsoft社のビル・ゲイツ氏はVanity Fair誌のインタビューで、「Apple社がMicrosoft社より大きく、
また儲けるようになる状況が想像できない」と答えていた。また、その翌年のMicrosoft社の時価総額は6200億ドルだった。
しかし20年後の現在、先週のApple社の時価総額は6830億ドルをとなっており、Microsoft社の2倍以上となっている。
Apple社の勝因はどこにあるのだろうか。

 企業が成功するにはビジョンが必要であるが、両社ともビジョンを持っていた。
だが、Apple社のビジョンの方が、より急進的で長期的な視点に基づいていた。Microsoft社はすべての人の机上にコンピューターがあるのを
予見していたのに対し、Apple社はさらに一歩先を見ており、すべてのポケットにコンピューターが入っていることを予見していたのである。

 また、伝記「スティーブ・ジョブズ」の著者ウォルター・アイザックソン氏によれば、
「Microsoft社は長い間より良いビジネス・モデルを持っていたようにも見えたが、最終的には、至極の美しさを持つプロダクトを創ることができなかった。
スティーブは、最初から最後まで、全行程をコントロールしなければならないと思っていた。
それは、彼がコントロール・フリークだったからではなく、完璧なものを創るという情熱を持っていたからである」とのこと。

 また、Microsoft社はWindowsを守ることに必死になり過ぎて他の分野への進出が遅れてしまったが、一方のApple社には、
亡きジョブズ氏のDNAが刻み込まれており、大型iPhoneの出現によりiPadの売上げが落ち込むことも考えられたが、
それでも大型iPhoneの発売に踏み切ったように、「自身の肉を貪ることを恐れない」とのこと。
だが、過去のMicrosoft社の最高時価総額を超えた今、Apple社は今後もジョブズ氏の信条に沿い続けることができるのだろうか。
http://www.zaikei.co.jp/sp/article/20150204/234162.html

続きを読む


chart-of-the-day-computing-share


1: ハイキック(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 17:31:46.97 ID:xYP3h9Iw0●.net BE:829826275-PLT(13001) ポイント特典
海外の大手ニュースサイト「Business Insider」に、興味深いグラフが掲載されています。

Windowsのシェア、わずか4年で70%から24%へ

グラフは2009年第一四半期から、2013年第二四半期までの「全世界のコンピューティング・プラットフォーム」の市場シェアを表しています。

2009年の時点で、黄色で示されているWindowsは70%でトップシェア。4年半が経った現在、Windowsは凋落し24%まで低下しました。
代わりにAndroidが全体のトップに立ち、60%。Appleは着々と躍進を続け、現在14%となっています。

Windowsのシェア低下には驚かされますね。こちらの調査はノート、デスクトップPCにかぎらず、スマートフォンやタブレットも
含めているため、このような結果となっています。

依然として日本のビジネスシーンではWindowsPCが使われていますが、IT業界を中心に、ビジネスでもMacをメインマシンとして
利用するユーザーが増加している印象を抱きます。ぼく自身、10年以上Windowsを使ってきましたが、2年ほど前にMacに乗り換え、
その使いやすさに感銘を受け、それ以来仕事は完全にMacで行っています(Windows暦12年の僕がMacbook Airに乗り換えて1ヶ月半経った感想)。

「仕事ではWindows、プライベートではMac」という方も増えてきましたよね。ぼくの友人のマーケターは「会社でWindows7
使ってるけど、使い勝手が悪くてしょうがない」と漏らしていました。5年後くらいには、ビジネスシーンでもMacがかなり進出
しているのではないかと予想します。

みなさんはWindows、Mac(iOS)、Android、どのOSがもっとも有望だと考えますか?ぜひコメント欄でご意見をください。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ikedahayato/20131021-00029086/

続きを読む


Surface-Pro-31


1: ブラディサンデー(東京都)@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 09:55:52.99 ID:g8MKTzAs0.net BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
米マイクロソフト(MS)が26日発表した2014年10~12月期の純利益は
前年同期比10.6%減の58億6300万ドル(約6900億円)となった。
減益は4四半期連続。パソコン市場縮小を背景に主力の「ウィンドウズ」が低迷した。
 また、買収したフィンランド通信機器大手ノキアの携帯端末部門を中心に
1万8000人の従業員を削減した費用と、ノキア部門買収に伴う資産リストラで
2億4300万ドルの損失計上を余儀なくされた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015012700155

続きを読む



ダウンロード

1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/01/23(金) 22:06:21.96 ID:???.net
掲載日:2015年1月22日

 米マイクロソフトは21日、コンピューター画像を3次元(3D)で見ることができる眼鏡型の
ホログラフィックレンズ機器「マイクロソフト・ホロレンズ」の試作機を発表した。

 米グーグルやアップルとの競争が激化する中、目玉となる新商品で攻勢をかける。

 発売開始は、次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」と同じく今年の秋になる予定。試作機の写真撮影は
許可されなかったが、マイクロソフトのサイトでは何枚かの画像を見ることができる。

 業界アナリストは新機軸に関しては歓迎しているものの、早期に実用モデルが大衆市場向けの価格で製造されるか
どうかについては懐疑的だ。21日に試作機を使用した調査会社のガートナーに務めるマイク・シルバー氏は
「今年か来年には比較的高価格のモデルが登場するだろうが、手頃な価格になるまでにはまだ数年かかるだろう」
との見方を示した。

 情報技術(IT)を利用した意思疎通においては、仮想現実(バーチャルリアリティー)もしくは拡張現実が
次の注目分野になると目されている。米フェイスブックは買収したオキュラスVRのバーチャルリアリティー技術を
利用したヘッドセットに注力、グーグルは眼鏡型端末「グーグル・グラス」を開発した。

 一方マイクロソフトは、同社製の家庭用ゲーム機「Xbox One(エックスボックス・ワン)」でモーションセンサー
「キネクト」を利用可能にするなどで対応。ただ、人々から広く関心を得るには至っていなかった。

<参照>
Microsoft HoloLens | Official Site
http://www.microsoft.com/microsoft-hololens/en-us

<記事掲載元>
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0KV0D220150122

続きを読む


Windows10


1: 目潰し(千葉県)@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 02:55:50.87 ID:jH2/SHJv0.net BE:663621836-PLT(12000) ポイント特典
速報:Windows 10は無料でWindows 7 / 8.1からアップグレード可能。リリースから1年間限定、Windows Phone 8.1も対象 - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2015/01/21/windows-10-1-windows-7-8-1-windows-phone/

続きを読む


hero


1: ヒップアタック(徳島県)@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 20:33:37.25 ID:U++LAGT+0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
パソコンの売れ行きはイマイチだが、Macだけは元気だ。他社に比べると新製品の投入サイクルも長いのに、
なぜこうも人気があるのだろう。その理由を2回連続で探っていくが、あくまでも個人的な見解なので、読み物として楽しんでほしい。

 最近のMac人気はかなりすごい。米国では2014年の第4四半期だけで575万台が売れ、過去最高のシェア(7.1%)を
記録したという(IDC調べ)。こういったデータを見るまでもなく、渋谷や青山あたりのカフェに出かけると、もうMacだらけなのが
当たり前の光景になっている。これはすなわち、自分でパソコンを選べる人たちがMacを選択している可能性が高いということだ。

 というのも、平日の新幹線の中では「Let's note」をはじめとするWindowsパソコンが目立つからだ。
仕事用のパソコンとしてはLet's noteなどが支給されるわけだ。もちろん、こちらは個人の気持ちで選んだものではない。

 どっちが良い、悪いという話ではなく、Macを欲しがっている人がとても多いことが、実感として感じられるのだ。

 ということで、第1回は以下の3つのポイントをチェックしてみた。

モノとして見たときに、Macは格好がいいと感じる人は少なくないと思う。20年ほど前には「少数派としてのMacを
使っているからカッコイイ」という意識が強かった。「私はちょっと違うんだ」という感覚だ。ところが今や、Macはポピュラーな
パソコンになってしまった。その気になれば誰でも買えて、誰でも使える。にもかかわらず格好が良いと思うのは、
Macというブランドの力だけではなく、製品の出来が良いからに他ならない。

 Macが格好がいい理由は明確で、本体を作るのにあり得ないほどのコストを掛けているからだ。
他のパソコンメーカーの人にオフレコで話を聞くと、「Macほど(本体に)お金は掛けられませんよ」と誰もが口をそろえる。

続きはウェブで
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150113/1062132/

続きを読む


spartan


1: ミドルキック(宮城県)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 15:21:35.00 ID:Hd+4vntg0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
マイクロソフトがIEと決別するXデイ

マイクロソフトの「Windows 10」OSは、まったく新しいウェブブラウザ、コードネーム「スパルタン」(Spartan)を
搭載して登場するという情報が、匿名情報源から提供された。

米『ZDNet』のマリー・ジョー・フォーレイは、マイクロソフトの新ブラウザ「スパルタン」は「近年、市場価値が急落
している同社ブラウザ、インターネットエクスプローラー(IE)からの決別」だと伝えた。フォーレイによれば、この
「軽量な」ブラウザの見た目と使い勝手は、Chrome や Firefox などのブラウザに似たものだという。

また、彼女の情報源は、来年の Windows 10 発売時に、IE と並行してスパルタンの提供が始まるだろうと指摘
している。

デスクトップ市場は Chrome と Firefox が、モバイル市場は Safari、Chrome、そして Android ブラウザが独占
するいま、IEにもはやかつての勢いはない。一時はIEが両デヴァイスにおけるウェブトラフィックの90%以上を
占めていたこともあったが、「Net Applications」の調査によれば、そのシェアはいま59%まで落ち込んでいる。
モバイルでは僅か2%だ。

スパルタンは、この2つの市場の双方を狙っていると、フォーレイは言う。

Windows 10 は多様なデヴァイス上で実行できるように設計されており、フォーレイによればこの新ブラウザも
同様にマルチデヴァイスに対応しているという。スパルタンが Android 、iOS 、 Windows と競合する他のOSにも
対応しているかは不明だ。しかしフォーレイはその可能性もありうると主張している。

新たなCEO、サトヤ・ナデラ下のマイクロソフトは、もはやソフトフェアは Windows 以外でも使えるものでなければ
ならないと気づきはじめている。今年3月、マイクロソフトは iPad 向けに新しいバージョンの『Office』を公開した。
11月には iPhone 用に無料で使えるWord、Excel、Powerpointを発表した。そして今月のはじめには iOS と Android
と互換性をもつモバイルメールアプリ『Acompli』を開発するスタートアップを買収している。

http://daihatsu.co.jp/

続きを読む


Lumia-532


1: クロスヒールホールド(庭)@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 18:43:58.78 ID:QoqZON1n0●.net BE:586999347-PLT(16001) ポイント特典
 Microsoftは米国時間1月14日、「Lumia 532」と「Lumia 435」を発表した。価格はそれぞれ93ドル、81ドル程度となる予定だ。
この2機種は、前モデルの「Lumia 520」よりさらに価格が安くなっている。Lumia 520は、既に格安スマートフォンとして評価されている。
Microsoftは新興市場を対象に、より低価格な「Windows Phone」スマートフォンを投入することで、予算を抑えたい消費者に攻勢を仕掛けている。
Microsoftは、インドをはじめとする地域の消費者が、端末に搭載されている「Office」などの自社のサービスに依存し、
最終的には外見がより派手で高価な「Windows」搭載端末へとグレードアップすることに賭けている。

 Appleとサムスンが高価なスマートフォンを投入して市場で優位に立とうとしのぎを削っているが、その一方で、劣勢にある企業や新興企業は、
価格が手頃で、かつ十分に機能するスマートフォンを提供することに成長の可能性を見出している。Microsoftの「Windows Phone」プラットフォームは、Googleの「Android」やAppleの「iOS」から大きく水をあけられて3番手に位置しているが、
可能性があるとMicrosoftが見ている場所では成長が見込まれる。

 「Nokia」という名前がアフリカやインドなどの地域で根強く浸透している一方で、Microsoftは、
Nokiaシリーズから始まり「Microsoft Lumia」シリーズにレベルアップする単一のファミリを生みだすことで、
消費者による次なる購入を理にかなった形で実現すべく取り組んでいる。
http://japan.cnet.com/news/service/35059023/ 

続きを読む


windows


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/16(金) 20:44:22.10 ID:XrV7jORa0.net
HP 6720s (Celeron 2.13GHz・メモリ3GB)のを使ってるんだけど、特にブラウジングとか2chとかで不満はない。
ただ、母親のを占領して使っているので、来月大金が入る予定なので買い替えようとも思ったんだが、
Windows 8.1の評判が悪いので躊躇してる。国内メーカーのエントリーノートでもPentium Dual-Coreなら相当快適になってるんでしょ?
アジアメーカーのCore i5とかなら尚更。

ただ、8.1はXPのネットブックにインストールできるかって知恵袋で相談したときは「軽さが取り柄」って言われたから、
使いにくさ以外のそういう点はどうなの?

家族の寝起きに応じて移動する「遊牧民」みたいな生活だからノートじゃないとダメって言うくらいで、モバイルで持ち運ぶことは念頭においていません。
レノボの据え置き型ノートパソコンでもいいくらい。

今のノートPCでも充分使えるけど、FirefoxとJaneXeno同時起動くらいならできるけどSkypeとTwitterクライアント同時起動したら固まるからそれくらいができたらいい程度。

続きを読む