サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

タブレット


iphone-6-458159_640


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/08(日) 19:54:36.80 ID:4/8bres6d.net
~就職後~

新社会人「用途によりますわ」

先輩社会人「な?」

新社会人「間違いないっす!」

続きを読む


chart-of-the-day-computing-share


1: ハイキック(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 17:31:46.97 ID:xYP3h9Iw0●.net BE:829826275-PLT(13001) ポイント特典
海外の大手ニュースサイト「Business Insider」に、興味深いグラフが掲載されています。

Windowsのシェア、わずか4年で70%から24%へ

グラフは2009年第一四半期から、2013年第二四半期までの「全世界のコンピューティング・プラットフォーム」の市場シェアを表しています。

2009年の時点で、黄色で示されているWindowsは70%でトップシェア。4年半が経った現在、Windowsは凋落し24%まで低下しました。
代わりにAndroidが全体のトップに立ち、60%。Appleは着々と躍進を続け、現在14%となっています。

Windowsのシェア低下には驚かされますね。こちらの調査はノート、デスクトップPCにかぎらず、スマートフォンやタブレットも
含めているため、このような結果となっています。

依然として日本のビジネスシーンではWindowsPCが使われていますが、IT業界を中心に、ビジネスでもMacをメインマシンとして
利用するユーザーが増加している印象を抱きます。ぼく自身、10年以上Windowsを使ってきましたが、2年ほど前にMacに乗り換え、
その使いやすさに感銘を受け、それ以来仕事は完全にMacで行っています(Windows暦12年の僕がMacbook Airに乗り換えて1ヶ月半経った感想)。

「仕事ではWindows、プライベートではMac」という方も増えてきましたよね。ぼくの友人のマーケターは「会社でWindows7
使ってるけど、使い勝手が悪くてしょうがない」と漏らしていました。5年後くらいには、ビジネスシーンでもMacがかなり進出
しているのではないかと予想します。

みなさんはWindows、Mac(iOS)、Android、どのOSがもっとも有望だと考えますか?ぜひコメント欄でご意見をください。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ikedahayato/20131021-00029086/

続きを読む


tablet


1: キャプチュード(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 19:50:30.16 ID:ysoC8Snk0.net BE:902871952-PLT(12000) ポイント特典
2014年下半期の「タブレット」おすすめ“10選”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141228-00000014-zdn_pc-prod

続きを読む


kG-J9hlV


1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/02(金)01:08:14 ID:LhQ
Flex 10って奴なんだがどうだろうか。
celeron 2コア 2GB HDD500GBで3万切るくらいだからサブに蝶といいと思うんだ。
用途はネットサーフィンと動画見るくらい。

続きを読む