サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

アメリカ


gravity-movie-poster-2


1: Mogtan ★@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 20:29:13.06 ID:???.net
掲載日:2015年2月28日
http://www.sorae.jp/030902/5457.html

 1995年に打ち上げられた米空軍の気象衛星が由来と思われる、大量のスペース・デブリ(宇宙ゴミ)が軌道上に
発生したことが、2月26日に米戦略軍が提供するデータや宇宙ファンらによる観測などから明らかになった。

 現時点でデブリの数は26個まで確認されている。デブリの発生源とされるのは、米空軍が1995年に打ち上げた
DMSP 5D-2 F13と呼ばれる軍用の気象衛星で、すでに設計寿命を超えており、また2006年からは定常運用からはずれ、
バックアップ運用に就いていた。DMSPは複数の衛星からなるシステムで、DMSP 5D-2 F13は現在運用されている
DMSP衛星の中で最も古い衛星でもあった。

 また、人工衛星の軌道情報を扱うウェブサイト『CelesTrak』の管理人であるT.S. Kelso氏の分析によれば、
これらのデブリは2月3日に発生したと思われるとのことだ。

 DMSP 5D-2 F13は高度800kmの、地球を南北に回る太陽同期軌道にあり、デブリもこの周辺の、高度300kmから
1,000kmまでに散らばっている。この周辺の軌道は多くの人工衛星が回る交通量の多い場所であり、今回発生した
デブリが他の衛星に衝突し、さらに新しいデブリを生み出す事態になる可能性は、他の軌道と比べると比較的高い。

 デブリが発生した原因はまだ明らかになっていない。例えばバッテリーや推進剤タンクが爆発した、あるいは
別のデブリが衝突した、などといった可能性が考えられる。

 なお現時点で、米空軍などから公式の発表は行われていない。

<画像>
Image credit: U.S. Air Force
http://www.sorae.jp/newsimg15/0228dmsp.jpg

<参照>
20-year-old Military Weather Satellite Exploded in Orbit
http://spacenews.com/20-year-old-military-weather-satellite-apparently-exploded-in-orbit/

CelesTrak
https://celestrak.com/

続きを読む


351_02


1: ボ ラギノール(徳島県)@\(^o^)/ 2015/03/03(火) 08:50:53.19 ID:SN8kGojF0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
米国からひやりとするニュースが入った。未知のウィルスが発見されたらしい。免疫システムの細胞内に寄生し、白血球を破壊するという。

カンザス・シティ、ブルボンでひとりの患者が未知の病で死亡した、という確度の高い情報がある。ウィルスは「ブルボン」と名づけられた。

症状は発疹、嘔吐、食欲減退、頭痛、出血、強い倦怠感など。患者は以上の症状を訴えて入院、のち腎臓および肺臓の疾患へと拡大した。

その人物は50歳の米国人で、治療の甲斐なく10日で死亡した。現在病因の究明が行われている。病気の発生の正確な原因を確定し、治療の方法を見つけなければならない。

http://japanese.ruvr.ru/news/2015_03_02/283157149/

続きを読む


images


1: リバースパワースラム(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/12/21(日) 17:49:37.75 ID:xwTSqBMB0.net BE:586999347-PLT(15000) ポイント特典
オバマ米大統領は19日、米当局が北朝鮮によるものと断定したハッカー攻撃を受けてソニー・ピクチャーズエンタテインメントが
映画の公開を中止したことについて、悪しき前例を作り、映画業界の自己規制を助長する可能性があるとして同社を批判した。
 同社は、北朝鮮の金正恩第1書記の暗殺を描いたコメディ映画「ザ・インタビュー」を制作したことから、サイバー攻撃を受けた。
 大統領は今年最後の記者会見で、ソニー・ピクチャーズが直面した問題には同情を示しながらも、「彼らは過ちを犯した」と述べた。
 また米国が北朝鮮に報復する意向を示したが、いつ、どのように行うかについては言及しなかった。
 大統領は「彼らは多大なダメージをもたらし、われわれはそれに対応する。われわれが選んだ時間、場所、方法で相応の対応をする」と述べた。
 大統領の記者会見に先立ち、連邦捜査局(FBI)はサイバー攻撃が北朝鮮によるものであることを示す証拠を入手したと発表した。
 オバマ政権幹部によると、政権はハッカー攻撃への報復として北朝鮮をテロ支援国家に再度指定することを検討している。
 大統領はさらに「ここ米国をどこかの独裁者が検閲を課すことができるような社会にしてはならない。誰かが脅しで風刺映画の公開をやめさせることが
できるのであれば、自分の気に入らないドキュメンタリーや報道を目にした場合、彼らが何をし始めるか想像がつくだろう」と述べた。
 ソニーの幹部にコメントを求めたが今のところ回答は得られなかった。
 大統領は具体的な報復措置についてはほとんど話さなかったが、ソニー・ピクチャーズが脅しに屈したことが、なぜ判断を誤ったかについては踏み込んで指摘した。
 大統領は「プロデューサーや配給会社などが、誰かの感受性を害したくないからと自己検閲を始めたらどうなるか。そして、その誰かが恐らく
感受性を害される必要のある人物であったなら」とし、「われわれはそうあってはならない。それは米国のあるべき姿ではない」と述べた。
 さらに、もう少し親しみを込めた口調でソニーについて「彼らがまず私に話してくれていたらと思う。そうすれば、こう伝えただろう。
『そのような犯罪攻撃に脅かされるパターンに陥ってはならない』」と述べた。
http://m.jp.wsj.com/articles/SB11501383225136704765104580347961944610710

続きを読む


12-PM


1: ドラゴンスープレックス(北海道)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 19:39:10.15 ID:VOvlPElP0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
アメリカ海軍は10日、レーザーを使って標的を破壊する兵器の試験運用に成功したと発表し、映像を公開した。試験運用はペルシャ湾で過去3か月間にわたり行われたという。

 レーザー兵器は家庭用ゲーム機のコントローラーに似た装置で操り、ボートや小型飛行機などの目標物を破壊することができる。アメリカ海軍はレーザー射撃一発あたりにかかる費用は1ドル程度で、
従来のミサイルなどの兵器に比べ運用コストが格段に安いとしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141212-00000048-nnn-int

続きを読む