サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

地球


2455_promo


1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 12:46:41.52 ID:???.net
地球の平均気温、観測史上最高…温暖化鮮明に (読売新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150202-00050151-yom-soci


 【パリ=石黒穣】世界気象機関(WMO)は2日、2014年の地球全体の平均気温が観測史上最高だったと発表した。

 陸地と海洋上を合わせた14年の平均気温は14・57度となった。基準年(1961~90年)の平均14度を0・57度上回る数値で、これまで最高
だった10年の14・55度、2番目に高かった05年の14・54度を超えた。

 これにより今世紀に入って続く気温の上昇傾向は、一段と鮮明になった。WMOのミシェル・ジャロー事務局長は「大気中の温室効果ガスの増
加が続き、海洋に蓄えられた熱が増大しており、温暖化は今後も進む」と警告した。

 地球の気温上昇に伴って各地で異常気象現象も頻発している。ジャロー事務局長は「14年の豪雨、洪水及び干ばつを伴う記録的暑さは、気候
変動から予想される通りのものとなった」と指摘した。

続きを読む


9EN_01092933_0001


1: ビッグブーツ(芋)@\(^o^)/ 2015/02/01(日) 22:08:51.31 ID:jCxGE4Yf0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
イエローストーン国立公園の下にある巨大火山が、2週間以内に噴火する恐れがある。2002年からイエローストーン国立公園で活動している地質学者のハンク・ヘスラー氏が、1月25日に発表した。

ヘスラー氏の予言が当たるか否かは誰にも分からない。
一方で、イエローストーン公園の火山の活動は、最近いちじるしく高まっている。同公園では昨年2014年、1900回以上の地震が記録された。
噴火が起こった場合、震源地から半径100マイル圏内の生き物が全滅し、半径500マイル圏内では、全ての建物や生き物の90パーセントが被害を受ける恐れがあるという。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2015_02_01/282611124/

続きを読む


super computer


1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 12:07:55.17 ID:???.net
究極のエコエネルギー 現実味増す「人工光合成」 (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00000008-kobenext-sctch


 植物に倣い、光のエネルギーと水から酸素や炭水化物を作る「人工光合成」の研究が、兵庫県内の研究機関で進んでいる。神戸大のグループ
が昨年、神戸・ポートアイランドのスーパーコンピューター「京(けい)」で、シミュレーション研究を開始。佐用町の大型放射光施設「スプリング8」で
は、世界が注目する成果が生まれている。究極ともいえるエコエネルギーの活用が、現実味を帯びてきた。(武藤邦生)

 光合成は小学校でも習う化学反応だが、メカニズムは複雑で人が再現するのは困難とされてきた。

 突破口を開いたのがスプリング8だ。岡山大の沈建仁(しんけんじん)教授(生化学)らが光合成を行うタンパク質の原子レベルでの観察に成
功。米科学誌サイエンスによる、2011年の「科学十大成果」にも選ばれた。

 実験の成果を受け、スパコンによる理論計算も勢いづいている。

 神戸大の天能(てんのう)精一郎教授(電子状態理論)らのグループは昨年、京での研究を本格始動。沈教授によって構造が明らかになった
タンパク質の中でも、反応の中核部分となる「マンガンクラスタ」の働きを追究する。

 ただしその計算量は膨大で、厳密にシミュレーションしようとすれば、「京」ですらパンクするという。

 そこでランダムな計算を繰り返し、マンガンクラスタの状態を解き明かす計算法の開発に挑戦。光を受けて構造を変えながら、光合成反応を進
める様子をとらえる手法を編み出した。「計算量を減らしつつ厳密に計算する画期的な手法。世界をリードする計算が可能」と天能教授は自信を
見せる。

 新エネルギー開発では、太陽光発電やバイオマス発電などがあるが、人工光合成の最大のメリットは、クリーンな材料だけで水素ガスという
「燃料」が作れ、二酸化炭素の減少も図れることにある。

 「環境問題とエネルギー問題を根本的に解決する可能性がある」と沈教授。スプリング8の10億倍明るい光を発するエックス線自由電子レー
ザー「SACLA(さくら)」(佐用町)も活用し、昨年11月には、より詳細な観察結果を発表した。

 天能教授は「今後5年で反応のメカニズムを解明。次の5年で人工光合成の手法の提案」を目標に掲げる。実現への期待が高まる。


 【光合成】 植物が太陽光をエネルギーにして、水と二酸化炭素から、酸素や栄養分を作る働き。葉っぱにある葉緑体という器官で行っている。
大きく分けて、水を酸素と水素に分解する「明反応」と、水素と空気中の二酸化炭素を使って炭水化物を作る「暗反応」からなる。

続きを読む


ancient ruin


1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/15(木)00:32:59 ID:qQi
 海の95%は、未だ人類未踏であると言われている。
地球外生命体が地球に接触していると言う決定的な証拠は未だ得られていないわけだが、
その痕跡は実は上空ではなく海の中にあるのではないか?
そんなロマンを胸に抱き、もしかしてこれが?
っと思わせる世界8ヶ所の海に沈んだ奇妙な発見が特集されていた。

ttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52071281.html

続きを読む


earthquake


1: オリンピック予選スラム(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 21:30:39.57 ID:xttOnBPJ0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
首都直下巨大地震の確率急上昇!これは絶対に来る!東京46%横浜78%埼玉51%。いますぐ逃げたほうがいい
現代ビジネス 1月11日(日)6時2分配信

何気ないニュースであるかのように、さらっと発表された最新版の地震発生確率。だがそこには首都圏に
忍び寄る巨大地震の恐怖が如実に反映されていた。いま日本が置かれている危機的状況の真実とは。

より精密に計算した結果
 東京・新宿の東京都庁の周辺で、今後、震度6弱以上の大地震が起こる確率が、これまでより20%上昇した―。

 そんな驚くべき発表を、12月19日、政府の地震調査委員会が行った。

 この日、地震調査委員会が公表したのは、「全国地震動予測地図」の最新改訂版。
これは、東京大学地震研究所や防災科学技術研究所などの研究者約20人からなる地震調査委員会が、
'95年の阪神・淡路大震災を警告できなかったという反省から、震災後10年の節目となる'05年以来、
毎年改訂・公表してきた資料だ。

 地図上に〈日本の各地域が、30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率〉がまとめられている。

 そこで発表された、最新の地震の発生確率は、首都圏の各地を中心に、驚くべき上昇を見せていた。(後略)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150111-00041697-gendaibiz-soci&pos=3

|;゚Д゚))))ガクガクブルブル 横浜78%とか陥没じゃないですかー

続きを読む


space128-m42-orion-jewel_31408_600x450


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/20(土) 22:05:33.49 ID:m8YsrQIi0.net
もしそうだとしたらなんか悲しいな
そりゃお金は大事だけど探究心を抑えなきゃならないって悲しい

続きを読む


B2u45lQIEAEn5jD


1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 17:10:17.64 ID:???.net
今世紀末予測、降雪量半減か 北陸地方、温暖化で

環境省と気象庁は12日、今のペースで地球温暖化が進む場合、今世紀末には年間の降雪量が北陸地方で現状から半減し、西日本ではほとんど降らなくなるとの予測を発表した。

二酸化炭素(CO2)など複数の温室効果ガスの濃度想定や計算手法を組み合わせて気候をシミュレーション。

温室効果ガスの排出が今のペースで続く場合、今世紀末の全国の平均気温は現在から4・4度上昇。
年間降雪量はほぼ全国的に減少し、特に北陸地方を示す東日本日本海側では現状の平均272センチから146センチ減っておよそ半分の126センチになる。
この地域では1年の最大積雪量は平均で78センチも減少する。

2014/12/12 21:02 【共同通信】
_________

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121201002053.html 

続きを読む