サイファイ速報

科学・SFを中心に最新の話題から懐かしの作品まで! 理系・科学/SF(サイファイ)好きのためのまとめサイト!!

SF


346139


1: ドラゴンスクリュー(宮城県)@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 12:17:59.57 ID:bBxnhmmE0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
亡くなった人「再生」…人類に災禍を及ぼすと警鐘も ロボットの「性格」を簡単カスタマイズ、Googleが特許取得

人格データをクラウドからダウンロードしてロボットに吹き込むことによって、亡くなった親族や有名人の「性格」を
持つロボットが身近な存在になる-。米IT大手グーグルが、ロボットに特定の性格などを植え付けられるシステムの
米国特許を取得したことが4日、分かった。グーグルはさまざまな活用法を想定し、「実社会に多大な恩恵をもたらす
画期的システム」と自賛しているが、一部のメディアは、人間の能力を超える人工知能(AI)を備えたロボット
(コンピューター)の出現が人類に災禍を及ぼすとする「2045年問題」への第一歩だと警鐘を鳴らしている。

米メディアによると、特許は2012年4月に出願され、3月31日に登録された。性格の作成方法は明らかに
なっていないが、人間の意識の正体やメカニズムはまだ医学的にも解明されていないことから、動画や音声などの
データを解析して、パターン分類的に特徴を抽出する方法などが取られているとみられる。

■亡くなった人「再生」

人のさまざまな特徴に基づく性格情報がデータベースに蓄積され、ネットワークを通じて情報を処理するクラウド
技術を活用し、ロボットに性格データをダウンロードするというのが特許技術の基本的な仕組みだ。例えば、特定の
個人に性格を含めて話し方や表情などを似せることが可能で、亡くなった親族らに似せたロボットを身近に置くことに
よって心痛を和らげたりする活用法も考えられる。

また、クラウドベースなので、ユーザーが旅行の際、自宅のロボットを持ち運ぶことなく、移動先で別のロボットに
同じ性格をダウンロードすることもできる。ロボットの「ポータブル化」が可能なのも大きな特徴だ。

続く

続きを読む


img001


1: アイアンフィンガーフロムヘル(東日本)@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 05:20:54.57 ID:u6aXLlA90.net BE:837857943-2BP(1500)
ニール・ブロムカンプ監督のリブート版「エイリアン」は、「エイリアン2」の続編的な作品になるという。

ブロムカンプ監督は自身の新作について、「エイリアン3」や「エイリアン4」とは異なった作品で、
どちらかと言えばジェームズ・キャメロン監督の1986作「エイリアン2」を引き継いだような作品になると
英スカイニュースに明かしている。

「僕はこの新作を『エイリアン2』に続くような作品にしたいんだ。『エイリアン』『エイリアン2』そして
その続編が僕の作品って感じかな」
さらに1979年作「エイリアン」の中でエレン・リプリーを演じたシガニー・ウィーバーは、自身が演じた
このキャラクターの行方を知ることに興味を抱いているそうで「リプリーが宇宙から脱出して、
彼女のストーリーが完全に終わるところ見たいわ」とコメントしている。

ブロムカンプ監督は先日、新作「チャッピー」の撮影中にシガニーと話をしたことを明かしていた。

「僕とシガニー・ウィーバーが『チャッピー』の撮影を行っている時に、シガニーがたくさんのアイデアをくれたんだ。
僕のはシガニーが入っていないようなアイデアだったんだ。全然違うアイデアだったよ。でも『チャッピー』の
撮影中はシガニーとほとんどの時間を過ごしたよ。それですごく興味深いものになるんじゃないかって感じ始めたんだ」

「バンクーバーに戻ってきてからは、丸一年間『チャッピー』の仕事にとりかかったよ。編集作業がない時には
『エイリアン』の事を考えることができたよ」

http://www.narinari.com/Nd/20150230313.html
http://www.narinari.com/site_img/photo2/2015-02-27-093124.jpg

続きを読む


67a7c96429a1e108e5ecaf594af3304b


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/05(金) 10:16:07.13 ID:4Jqr8w+f0.net
エピソード4視聴俺「ええぇーん何このショボいじいさんたちのチャンバラごっこ」

続きを読む


dog 6


1: トペ スイシーダ(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/02/01(日) 22:07:48.70 ID:kr20ZExC0.net BE:337735219-PLT(13002) ポイント特典
「半年後の検査」でクローン病の再発率が低下
腸管切除後のクローン病患者に実施する2つの管理戦略を比較したランダム化試験で、

手術時に評価した再発リスクレベルに応じた薬物療法をただ継続するよりも、半年後に内視鏡検査を実施して薬物療法を見直す方が、

18カ月後の再発率が有意に低くなることが明らかになった。

続きはこちら
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/lancet/201501/540406.html

続きを読む